Woodspringウッドスプリング

グリーンレイヤーで強度を高め、湿気をシャットダウン。

薄くスライスしたものを層にして重ねて弓形いしたものを「スラット」と呼びます。そのためこのスラットをフレームに固定したウッドスプリングを、時に「スラットベース」とも呼びます。
ヒュルスタのウッドスプリングは、天然のブナ材を7層貼り合わせて作られています。奇数層にすることでさらに強度がますそう。
その層の中にはめ込んだメラミン樹脂層の「グリーンレイヤー」は、鉄筋コンクリートの中の鉄筋と同じ役割を果たしています。しかも積層内の湿気をカットできる優れもの!安心して体を預けるベッドだからこその配慮です。

防湿性を高め、カビを防ぐメラミン樹脂塗装コーティング。

スラットの一本一本にメラミン樹脂を塗り重ね、しっかりとコーティングしているので、湿気とカビの発生を防ぐ役割をしています。

スライドして固さ調整のアジャスターが12ヶ所!

一人一人の体型や好みの寝心地に合わせて固さが調整できるのは、このスライドするアジャスターによって可能となります。このアジャスターのある箇所はスラットが2枚重ねになっていて、2つのアジャスターを中央に寄せるとソフトに、外側に離すことでハードになります。
この機能は他者のウッドスプリングでも同じですが、ヒュルスタの場合センターの赤いゴムに滑り止めの効果をもたせ、一度セットしたポジションからずれることを防ぎます。そしてhülstaflex premium(ヒュルスタフレックス・プレミアム)の場合、この調整箇所が12ヶ所もあるのです。

柔軟な荷重サポート。樹脂製アタッチメント「トリオスラット」。

hülstaflex premium(ヒュルスタフレックス・プレミアム)は、トリオスラットと呼ばれる特殊樹脂アタッチメントを用い、スラットを3本ワンセットでベースに固定しています。このアタッチメントは、上部からの荷重はもちろんのこと、変則的な圧力にも柔軟に対応できるよう設計されています。
またトリオスラット中央のスラットを外して調整することもできます。上段から下段にすると、クッション性はソフトな感じに。さらに肩部分のトリオスラットは、サポートが柔らかくなるように設計されていて、これにより横向きで寝た時には肩が深く沈み込み、頭から背骨のライン、足先までが一直線になります。肩が沈み込むのはとても重要なポイントで、横向き時と仰向き時、どちらも同じ高さの枕で良くなるのです。
このトリオスラットを搭載したhülstaflex premium(ヒュルスタフレックス・プレミアム)だから、あらゆる寝姿勢にフレキシブルに対応できます。

樹脂の中で特にしなりのある、ブナ材のウッドスプリングが42本。

一般的なウッドスプリングは、スラットの数が25本くらいです。
それに比べてhülstaflex premium(ヒュルスタフレックス・プレミアム)のスラットは42本。1.5倍以上の本数なのです。
マットレスで細かく体圧分散された体を、今度はウッドスプリングで優しく丁寧に押しもどす。理想の背骨作りのために、マットレスの下で静かにこの42本が休まず働いています。

商品一覧

hülstaflex comfort fix

ヒュルスタフレックス・コンフォート・フィックスは、ヒュルスタのウッドスプリングの中で、最もベーシックなタイプです。28本のスラットが体全体をしっかりとサポートし、体圧を分散します。また荷重のかかる腰とお尻の部分の6箇所を調整知りことで、一人一人の体型に合わせたカスタマイズが可能となります。
肩の部分の樹脂製アタッチメントを他の部分より柔らかくしているので、横向きで寝た時に、肩が沈み込むように設計されています。
hülstaflex premium fix

ヒュルスタフレックス・プレミアム・フィックスは、ベッドをベッドとしてシンプルに活用する方のためのウッドスプリングです。エアドリームマットレスで7ゾンーンごとに体圧分散された荷重を、この42本のスラットのシナリが優しくかつ、しっかりと押し返してくれます。
12箇所のスラットを使ってのカスタマイズ調整により、細やかな微調整もできます。肩の部分はカスタマイズ調整だけでなく、アタッチメントもソフトにすることで、横向きで寝た時も肩が沈み込むように設計されています。
「眠りを科学する」ヒュルスタにおける最上級ウッドスプリンングだからこそ、プレミアムの名を冠したモデルとなっています。

ウッドスプリングの調整方法

STEP1
設定グラフを参照にあなたの身長と体重を使って、クロスポイントを見つけてください。これは、3つの設定グループのうちの1つになります。
STEP2
あなたの背中の問題に適した設定プロフィールを決めて下さい

STEP3
お選びいただいた設定プロフィールと設定グループに基づいて、原則として推奨される基本設定を表示しております。 この図は、身体のどの部分を支えたり、緩和したりするかについての大まかなイメージとなっております。

拡大表示を行う際はこちらをクリックしてください。
約1ヵ月をめどに必要に応じて調節してください
外し方のイメージ

各プログラムの詳細と、全国ディーラーのご案内はこちらから。